• トップ /
  • 矯正歯科で仕事をするには

矯正歯科にある職業

矯正歯科で仕事をするには

笑顔が見える矯正歯科

矯正歯科に行くと受付の方の笑顔に癒される方が多く、何となく行きたくないと思っていたのが吹き飛んだという経験があるものです。患者がまず接するのが受付であるため、そのクリニックの顔といっても過言ではありません。では矯正歯科で受付をするのに資格がいるかというと、実は特に資格がいらない職業なのです。歯科助手とも呼ばれる歯科医療事務は、受付での患者への対応や効率的な予約のスケジューリングなどをこなしています。電話対応にカルテの作成、診察券の発行や会計など業務は多岐にわたっています。小規模な個人の矯正歯科では一人で担当することもありますが、ひっきりなしに患者が来院するようなクリニックでは歯科助手が何人もいます。特に資格はありませんが歯科助手の専門学校も存在し、そこで学んだことがある人材は即戦力となるためどこでも引く手あまたという状態です。資格がなければできない仕事ではないため経験がものを言い、人材不足が叫ばれる昨今では少しでも経験や学校できちんと学んだ人材は確保したいというのが心情です。初診の患者なのか再診の患者なのか、痛みがひどく緊急の患者なのか見極める判断力がありスムーズに診察できるよう導ける人材は適職といえます。

矯正歯科の必須情報

↑PAGE TOP

Menu